「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

年別アーカイブ: 2016年

第42回:「フクシマケン食の復興支援」みんなのプロジェクトに参加 福島県の食の安全・安心を全国の皆さんに知ってほしい

震災後、福島県産の農作物や肉は、放射性物質検査を行い、安全性を確認してから出荷しています。しかし消費者庁の調査によると、この検査の実施を知らない人の割合が約37%あります。 「これ以上、何をすれば伝わるのか。」そんなフク …

第41回:なぜ、小さく使っても読みやすいのか。 共生社会と多様性社会に貢献するフォント「みんなの文字」

   出席者   植田憲二 氏(電通/アートディレクター)田代浩史 氏(電通/クリエーティブ・ディレクター)竹下直幸 氏(書体デザイナー)水野昭 氏(イワタ/代表取締役)矢口博之 氏(東京電機大学准教授/UCDA理事)  …

第40回:印刷物の改善だけではなく、社員を成長させるプロジェクト

印刷物の改善だけではなく、社員を成長させるプロジェクト オリックス生命保険株式会社 執行役員 お客さまサービス本部長 添野 昌之 氏   昨年の「UCDAアワード2015」で実行委員会特別表彰を受賞したオリック …

第39回:「7つのキーワード」で、お客さま視点の帳票改善を実現

「7つのキーワード」で、お客さま視点の帳票改善を実現 総合企画部 ICT戦略室 オペレーション改革プロジェクトチーム参事役 小坪俊昭 氏(写真左) システム部 システム企画グループ 調査役 吉田浩平 氏(写真右) 「20 …

第38回:UCDAアワード2015情報のわかりやすさ賞の「設計書」の改善努力を継続中!

(写真) 商品部長 中村 高幸 氏 (インタビュー) 商品部 販売サポート課長 杉本 文彦 氏 ――大同生命様は、今回「設計書」で、UCDA認証「伝わるデザイン」を取得されました。認証取得に至った経緯からお聞かせください …

ページトップ