「第三者」による客観的な評価

UCDAアワード2020 基調講演を開催しました。

11月20日(金)にUCDAアワード2020 基調講演・協賛企業のプレゼンテーションをZoomのライブ配信で開催しました。
当日は金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 主任統括検査官の長澤敏夫氏と消費者庁 表示対策課 ヘルスケア表示指導室長の田中誠氏をゲストに迎え、「わかりやすい」情報提供について講演していただきました。

基調講演1

〜顧客本位の業務運営の更なる進展に向けた取組み〜

長澤 敏夫氏(金融庁 総合政策局 リスク分析総括課 主任統括検査官)

  • 金融庁による顧客本位の業務運営の浸透・定着に向けた取組み
  • 取組方針・KPI公表による「見える化」の促進
  • 金融機関との対話による取組みの促進
  • 金融庁・金融機関の取組みに係る顧客評価の実態把握〜顧客意識調査の実施〜

協賛企業のプレゼンテーション

株式会社イセトー

基調講演2

〜商品の価値が問われる、情報表示の留意点〜

田中 誠氏(消費者庁 表示対策課 ヘルスケア表示指導室長)

  • 品質や価格などは、消費者が商品・サービスを選ぶ重要な基準
  • その表示は、正しく、わかりやすいことが大前提
  • 消費者の適切な商品・サービスの選択を妨げる不当表示は、法律で禁止
  • Hatena
  • Google+
ページトップ