「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

どなたにもわかりやすい総合通知をベース

07:住友生命保険相互会社 | どなたにもわかりやすい総合通知をベースに、感動品質のお客さま対応をめざします

住友生命保険相互会社 執行役員 契約サービス部長 乾 真人 氏 聞き手:一般社団法人 ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会 理事長 福田泰弘 ※この対談は2月3日に行われたものです。 社内外の声を活かし、わかりやす …

執行役員 契約サービス部長 乾 真人 氏
ページトップ