「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

充実度賞受賞

21:アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

「お客様のお声を分析し、反映させる」 長年の取り組みが実りました アフラック (アメリカンファミリー生命保険会社) ツールサポート部 ツール企画課長 野村るみ氏 2012年11月6日収録 「すべてはお客様のために」の考え …

  • facebook
ページトップ