「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

UCDA認定プログラム導入

32:株式会社ニッセンライフ

全体的にUCDA認定プログラムを導入 見やすさ・わかりやすさを追求しています。 株式会社ニッセンライフ 代表取締役社長 権藤 祐司 ――ニッセンライフ様の事業内容についてお聞かせください。 権藤:保険会社をメーカーとする …

  • facebook
ページトップ