フィデュシャリー・デューティにおける「情報品質」を考える

日本の金融庁は、フィデューシャリー・デューティとして「顧客第一主義」を鮮明にしています。企業は、生活者に大切な情報を「正しく」「わかりやすく」伝える情報品質という大きな責任を負っています。
フィデューシャリー・デューティにおける情報品質とは、大切な情報を「わかりやすく」伝えるためには、「顧客第一主義」とコスト削減の関係は・・・。会社を超えて、業界を超えて、情報交換や知識の共有を目的としたコロキウムを開催いたします。
情報の送り手として保険・金融業界で働く方、向けのセミナーです。

開催日 2016年12月14日(水)10:00~12:00
ゲスト 錦野 裕宗 氏(弁護士)
テーマ 金融行政を考える~フィデューシャリー・デューティにおける情報品質とは~
参加者 情報の送り手として、保険・金融業界で働く方
会場(東京都中央区) UCDAセミナールーム
人数 20名程度(1社2名までとさせていただきます)
お申込み 所定用紙で事務局までお申込み下さい。
コロキウム参加お申込み書はこちらエクセルをダウンロード icon-file-o 

生活者はどこを見て購入を決めるのか?視線追尾分析(ETA)の実践コロキウム

パンフレットやパッケージなどの記載情報を生活者はどのように見て、認知しているのか?東京電機大学との共同研究から、ユーザーにとって認識しやすい表示の傾向を考察します。
後半は、実際の対象物を用いたETA(アイ・トラッキング・アナリスト)によるユーザーテストに参加して、自ら体験した結果を検討します。ユーザーの認知導線を読み解き、今後のデザインレイアウトや表示の効率的なあり方について議論を深めます。募集資料の作成に関わる担当者やメーカーの方の参加をお待ちしております。

1者の方(保険会社、金融機関、自治体、製造業など情報の送り手企業・団体の方)向けのセミナーです。

日時
12月6日(火)16:00~18:00 受付を終了しました

東京会場

UCDA事務局 5F 会議室
(東京都 中央区銀座1-16-1 東貨ビル5F  TEL 03-5524-0280)
icon-map-marker Google マップはこちら icon-external-link

最寄り駅

  • 東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口より徒歩3分
  • 都営浅草線「宝町駅」A3、A4出口より徒歩4分
  • 東京メトロ 銀座線「京橋駅」1出口より徒歩5分
  • 東京メトロ 銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩8分
  • 東京駅 八重洲中央口より徒歩15分
  • 有楽町駅 京橋口より徒歩10分