「第三者」による客観的な評価

MENU

費用・日数の目安

UCDA認証 費用・日数の目安

伝わるデザイン

認証費用

「伝わるデザイン」認証取得費用

  • 認証までの過程に応じ、申請費用、評価費用、審査費用、登録費用などの認証取得費用が発生します。したがって、認証段階の途中で申請を取りやめた場合もそれまでにかかった費用を申し受けます。
  • 認証の有効期間は2年間です。有効期間経過後または対象物のデザインに大幅な変更があったときには認証は無効になり、認証マークを提示することはできません。有効期間経過時またはデザイン変更時に必ず更新手続きをしてください。

※取得済みの認証を更新する場合、対象物のデザインに大幅な変更がなければ登録費用のみの10,000円、大幅な変更があれば新規認証料金と同じ金額となります(変更の程度は理事と認定評価員が判断します)。

「伝わるデザイン」認証過程と認証取得費用(A4 判4ページ相当の場合)の目安

*1 申請費用は、UCDAが認証適合性を検討するための費用です。認証適合性の有無にかかわらず申し受けます。
*2 評価費用は、認証適合性の検討後に見積もります。対象物のページ数により異なります。
*3 専門家3名が認証用評価を行った場合の標準的な費用。
*4 審査費用は、認証適合性の検討後に見積もります。対象物のページ数により異なります。
*5 理事1名、認定評価員1名、一般消費者3名で審査を行った場合の標準的な費用。

※(実績例)B5判、約350ページ(冊子)の認証取得までの費用:約300万円。(DC9評価を実施)

認証日数

  • A4判 4ページ相当:2週間〜

※上記の費用・期間は、A4判で4ページまでで、標準的な文章・帳票・インターフェースに適用されるものです。

認証マークの利用期間

  • 認証発行月より2年間

見やすいデザイン

認証費用

「見やすいデザイン」認証取得費用

  • 認証までの過程に応じ、申請費用、審査費用、登録費用などの認証取得費用が発生します。したがって、認証段階の途中で申請を取りやめた場合もそれまでにかかった費用を申し受けます。
  • 評価対象物が12ページ以上の場合は、以下の基準に基づいて測定対象ページ12ページを選抜して測定を実施し、申請してください。
    • 情報量が多いと思われる順に4ページ
    • 色を多用している、または色彩設計が複雑と思われる順に4ページ
    • 小さいフォントサイズを使用していると思われる順に4ページ
  • 認証の有効期間は2年間です。有効期間経過後または対象物のデザインに大幅な変更があったときには認証は無効になり、認証マークを提示することはできません。有効期間経過時またはデザイン変更時に必ず更新手続きをしてください。

※取得済みの認証を更新する場合、対象物のデザインに大幅な変更がなければ登録費用のみの5,000円、大幅な変更があれば新規認証料金と同じ金額となります(変更の程度は理事と認定評価員が判断します)。

(1)認証支援ツールキット代金

「見やすいデザイン」認証を初めて申請する場合は、認証支援ツールキット代金として50,000円(賛助会員45,000円)がかかります。

*認証支援ツールキット代金は、送料込、消費税別。

(2)認証取得費用

*1 申請費用は、UCDAが認証適合性を検討するための費用です。認証適合性の有無にかかわらず申し受けます。
*2 12ページを選抜して測定します。
*3 評価対象物が12ページを超える場合は、別途、多ページ検証費用をいただきます。多ページ検証では、選抜した12ページ以外のページが他ページとは異なる特性をもっていないかを確認します。

認証日数

・A4版 4ページ相当:5~7営業日(審査会は週1回開催)
※上記の費用・期間は、A4版で4ページまでで、標準的な文書・帳票・インターフェースに適用されるものです。

認証マークの利用期間

・認証発行月より2年間
※詳しくはお問合せください。

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
  • twitter
ページトップ