「第三者」による客観的な評価

MENU

「見やすいデザイン」認証基準

 DC9評価項目  評価基準
1.情報量  DRC
(ドット・レシオ・カウンター)
 DRCの測定結果が、1ページあたり19%未満であること。
〈対照外〉
写真や図など、文字以外が主体のページ。
2.タイポグラフィ  UCDAフォント「みんなの文字」(ゴシック体/明朝体) 特にユーザーが認識できないと不利益が起きる可能性が高い情報については、6ポイント未満の文字を使用しないこと(ルビ、脚注などを除く)。
8ポイント未満の文字には、UCDAフォント「みんなの文字」を使用すること。適切な文字組みを行うこと(横書きを使用する際には行間を1.5行以上を確保して、1行45文字以内で組むこと。ただし、表組み、グラフなどを除く)。
 〈注意事項〉
創作的表現上の意図をのぞいて、フォントの変形は原則として不可とする。極度に字面の縦横比が異なる場合は、縦横のうち小さいサイズをフォントのポイント数の最低使用サイズとみなす。
 〈審査会での評価〉
ポイント数、行間、行長が基準範囲外であっても、UCDA理事とUCDA認定評価員が目視で確認し、例外的に認証する場合がある。
   3.色彩設計

評価(推奨)ツール

評価(推奨)ツールで対象物をチェックして、隣接する色がしっかりと識別できる配色になっていること。

 〈自主評価項目〉
図版やグラフ、表組みなどにおいて、情報を識別する上で十分なコントラスト(明度の対比)を確保すること。文字色と背景色には十分なコントラストを設定し、文字の可読性を確保すること。〔対象外〕モノクロのページの場合。
 〈審査会での評価〉

  • 評価(推奨)ツールで測定し問題がなくても、十分なコントラストが確保されていないときは「認証しない」場合がある。
  • 評価(推奨)ツールで測定し問題が有る場合でも、「認証する」場合がある。
    例えば次のような場合

      • 情報の伝達において、色彩が副次的である(例:人物イラストで、特に意図もなく、服の色が違う、など)。
      • 情報の伝達において、色彩だけが判断の材料とならず、文字や形状も判断の材料として補完されている(例:インデックス部分が色分けされているだけでなく、「注意事項」など記載がある)。
      • 色分けの部分に、境界線が設けられ、色弱の方でも境界を認識できる工夫がなされている。

     

    • *評価(推奨)ツール
      • 「Adobe Illustrator」または「Adobe Photoshop」(Ver.CS4以降)
      • 「Vischeck」【無料】
  • Hatena
  • Google+
  • facebook
  • twitter
ページトップ