「第三者」による客観的な評価

コンシダレーション・フォー・エイジング(CFA)

ドキュメントを高齢者の視点で分析して伝達効率の高いデザインに改善するためのプログラムです。

概要 ~「わかりやすさの基準」を「加齢に配慮した基準」に~

加齢配慮プログラム(CFA)は高齢者の視点でドキュメント・デザインを評価します。
評価には、UCDA が認定した高齢者(アナザーボイス マスターズ)が参加します。
高齢者にユーザーテストを実施、テスト見学とワークショップ型の研修で高齢者の特性を体感します。

背景 ~高齢社会の進展にともなうコミュニケーションの変化~

現在の日本では、急速に高齢化が進んでいるにもかかわらず、情報の送り手・作り手には高齢者が含まれないのが現状です。
今までのデザイナー視点の改善だけでは、高齢者に対応した視認性やわかりやすさを実現することが難しくなっています。

エンドユーザーのメリット ~負担の軽減~

ドキュメントの伝達効率が高まり、誤認・誤解など、高齢者の負担やストレスを軽減することができます。

導入企業のメリット ~コスト削減と顧客満足度の向上~

  1. UCDによる優良な顧客体験を提供することで、顧客満足度が向上します
  2. 不備率の低減により、コスト削減が期待できます
  3. 高齢者のユーザーテストに参加したメンバーは、加齢配慮が実感できます
  4. ユーザーに対する伝達品質が認められる「UCDA認証」の取得が容易になります

対象

申込書、申請書、請求書、パンフレット、各種報告書、募集帳票、マニュアル、重要事項説明書など(電子媒体含む)

 

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
ページトップ