「第三者」による客観的な評価

評価項目

評価項目

文章DC9ヒューリスティック評価法Ver.1.0

1.表記
表記は統一されているか。
親しみやすいものになっているか。

2.語彙
解説なしに専門用語を使用していないか。
不快語・差別語を使用していないか。
否定語を使用していないか。

3.敬語
敬語の誤用・乱用はないか。

4.文法
文法的な誤りはないか。

5.文意
伝えたいこと、起こしてほしい行動が明示されているか。

6.文の構造
1文が長すぎないか。
複数トピックを詰め込んでいないか。
係り受けなど構文上の問題はないか。

7.文章構造
情報の提示順がわかりやすいか。
適切に構造化されているか。

8.情報の質
不要な情報、曖昧な情報が書かれていないか。
必要な情報が漏れていないか。

9.全体的な難易度
読みやすさ、文の長さ、全体的な難易度は適切か。

評価点の基準

評価点の基準 図
ISO9241-11
ユーザビリティにおけるガイダンスに準拠

評価員

  • 弁護士
  • 元論説委員
  • 行政書士
  • 文章研究者
  • 人間工学研究者
  • 書籍編集者 など

開発者座談会はこちら

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
ページトップ