「第三者」による客観的な評価

MENU

ドキュメント・デザインマネジメント(DDM)

DDMとは

サービスの概要 ~「わかりやすさの基準」を定めて改善~

DDMサービスはUCDA認証制度の定める「わかりやすさの基準」をゴールに、ドキュメントのデザイン改善を支援するサービスです。 UCDA独自の分析から得た定量的なデータに基づいて、送り手、作り手、受け手が参加してドキュメントのデザイン改善を行います。改善デザインはガイドラ インとして仕様化し、他のドキュメントに展開できるようにします。また、ドキュメントのデザインが生活者にどのように受け止められたのか測定可能な数値 (書類不備率、問い合わせ件数等)から分析し、次の改善に活かします。コミュニケーションの改善活動を一過性のもので終わらせず、PDCAサイクルによる 循環的な活動にすることにより、顧客満足度の向上とコスト削減を実現します。このプロセスにより「わかりやすさ」の品質保証であるUCDA認証取得を支援 します。

サービスのプロセス

DDM サービスのプロセス 図

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
  • twitter
ページトップ