「第三者」による客観的な評価

開発の背景

開発の背景

ライフスタイルの変化に伴い、「脳科学」を活用した『ニューロマーケティング』と呼ばれる新しいアプローチが注目を集めています。また、生活者を観察・分析する手法としてエスノグラフィが用いられています。しかしこのようなリサーチ手法は、計測器具を装着することや、調査員が同行すること、ビデオ撮影をすることなどで、生活者が普段のままの生活を再現せず、不自然な行動をとるなどの弱点があげられています。

UCDAでは、生活者が調査員を意識することなく、自由に創作する物語に深層心理や願望が投影される原理を応用し、完成した物語を「S・C・A・D・E」で分析する生活者心理分析サービス「ディープ・インサイト・マイニング・システム(DIMS)」を開発しました。

従来の調査やインタビューでは難しかった「ニーズを文脈的に分析する」ことにより、商品やサービス、コンテンツの開発など、さまざまなマーケティングに役立ち、ユニークなアイディアを提供することができます。

S・C・A・D・E分析 図

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
  • twitter
ページトップ