「第三者」による客観的な評価

開発の背景

開発の背景

生活者の高齢化や商品・サービスの高性能化・複雑化により、企業・団体と生活者の間のコミュニケーションにおいては「わかりやすさ」が重要な品質 として求められています。こうした背景から、多くの企業・団体では通知物や申込書、パンフレット等の文書類を対象に「生活者の声を取り入れた改善活動」を行って います。しかしながら「わかりやすさ」に客観的な基準がなく、企業・団体は生活者の声を一方的なデータとして蓄積するにとどまり、実際の改善に活かしきれていな いのが現状ではないでしょうか。

また企業・団体においては、顧客満足度の向上とともにコスト削減が課題となっており、文書類等のデザイン改善においても、効率的で成果を検証できる仕組みが必要とされています。
このようなことから、UCDAは、継続的にデザイン改善を支援するサービス、ドキュメント・デザイン・マネジメント(DDM)サービスを開発しました。

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
ページトップ