「第三者」による客観的な評価

ミッション

ミッション

  1. 企業・団体が生活者へ提供するコミュニケーションの問題点を発見して、「見やすく、わかりやすく、伝わりやすく」改善します。
  2. 情報コミュニケーションにおける「わかりやすさの基準」を確立します
  3. 企業・生活者の関係性を向上し、双方の利益に貢献します。

行動目標

生活者の生命・財産に関わるコミュニケーションに着目して、情報の送り手である企業・団体のデザイン改善を支援します。

「第三者」による客観的な評価、これが私たちの基準です。

UCDAでは、産業・学術・生活者から構成された会員が情報の送り手・作り手・受け手の異なる立場から重層的に議論することにより、最適なコミュニケーションのデザインを追求しています。

生活者の生命と財産に関わる重要なコミュニケーションにおいては、高度な企業コンプライアンスと生活者の納得性の両立が求められます。そのためには、どちらか一方の都合に偏らないフェアな視点で、コミュニケーションの課題を発見して、改善することが必要です。

私たちは産業・学術・生活者の集合知による客観的な評価基準を用いることで、この課題に取り組み、情報のコミュニケーションを誰にとってもわかりやすく改善するための指標を提示してまいります。

特徴 図

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
ページトップ