「第三者」による客観的な評価

インフォメーション・ストラクチャ・プロポーザル(ISP)

DC9ヒューリスティック評価の指摘に対して、改善の方向性を示す「情報設計」を提案します。

ソリューション概要

DC9ヒューリスティック評価で見つかった「わかりづらさ」を改善するためには、どうすれば良いのかわからないという方々へ、UCDA認定デザイナーが具体的な「情報設計」を提案し、効率的かつ効果的な改善を支援します。

特徴

対象物が使用される状況・ユーザーを想定し、構造や構成についての具体的な「情報設計」をプランニングします。
DC9ヒューリスティック評価の指摘に対する改善案を可視化した「情報設計」は、デザインパートナー会社へ的確な修正指示が出せるように支援するだけでなく、制作者にとっては実際のデザインに落とし込む指針となります。

対象

帳票/パンフレット/冊子/マニュアル など

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
ページトップ