「第三者」による客観的な評価

情報設計 | Information Structure Proposal

ISP評価結果に基づき、改善の方向性を示す構造・構成を整理するソリューションです。
情報の設計図(ワイヤーフレーム)として提案することで、改善方針のディレクションが容易になります。

 

プロセス

  1. DC9ヒューリスティック評価などの各種評価による分析
  2. 評価・分析結果をもとに情報を整理(優先順位や取捨選択)
  3. ページ構成や全体構造、改善方針を立案
     

メリット

  • 「設計図」によって改善方針が可視化され、効率的かつ効果的な取り組みが可能です。
  • 構成案によって「情報の優先順位」を立てることで、改善のゴールが明確になります。
     

お問い合わせ

実行期間やお見積もりなどの詳細は、「お問い合わせフォーム」から承ります。

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
ページトップ