「第三者」による客観的な評価
  • HOME »
  • UCDAの窓口

UCDAの窓口

情報過多、高齢社会などにより、生命・財産に関わる情報を提供する企業や自治体を中心に、コミュニケーションデザインの「わかりやすさ」(ユニバーサル コミュニケーション デザイン)が求められています。
ユニバーサル コミュニケーション デザイン(UCD)は、情報の送り手である企業や自治体と受け手である生活者との良好な関係を築くことに貢献します。

この度、UCDの普及のために「UCDAの窓口」制度を開始することにいたしました。
「UCDAの窓口」制度の目的は、以下のとおりです。

  1. 情報の作り手として、UCDを活用し送り手のコミュニケーションにおける課題に対応できる人材を育成する。
  2. 戦略としてUCDを取り入れ、UCDの普及を積極的に推進する企業を支援する。

【UCDAの窓口会員マーク】マークをご利用の方は、事務局までお申し付けください。

この活動を始めた企業

(50音順)

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
ページトップ