「第三者」による客観的な評価

MENU

UCDA認証

認証制度の目的

UCDA認証は、以下の2点を目的としています。

  1. ユーザーの生命・財産にかかわる重要なコミュニケーションのデザインを評価して、「わかりやすさ」の品質保証に貢献すること。
  2. 評価を通じて、企業・団体など組織のコミュニケーション活動を継続的に支援すること。

認証制度の意義

情報の送り手である企業・団体などの組織と、情報の受け手であるユーザーの間でおこなわれるコミュニケーションの伝達効率が高く、わかりや すいデザインであれば、多くの利害関係者にメリットが生まれます。しかしながら「わかりやすさ」はあいまいな概念で、誰もが納得できる基準というものがありませんでした。UCDAでは産業・学術・生活者が異なる立場から議論することで、「わかりやすさ」にも一定の指標や基準が設けられると考えています。基準を定めることにより、組織における改善への取り組みが進みます。UCDA認証制度は「わかりやすさ」の基準に対する適合性を評価する活動であり、「わかりやすさ」の品質保証として、社会益に貢献することを目指しています。

UCDA認証は、第三者による「わかりやすさ」の品質保証です。

UCDAは、ユーザーの生命・財産にかかわる情報の利用品質を向上するために、コミュニケーションのデザインにおける「わかりやすさ」を評価する唯一の第三者機関として認証制度を運営しています。認証活動は別途定める【わかりやすいコミュニケーションのための原則と基準】を基に行われます。これはUCDAの基本理念を反映したものであり、わかりやすいコミュニケーションのデザインという目標を達成するために、情報の送り手、作り手、受け手におけるメリットにも言及しています。また、この原則と基準は、認証取得を目指す対象物の評価に使用される規格としての役割を担っています。

  • Hatena
  • Google+
  • facebook
  • twitter
ページトップ