「第三者」による客観的な評価

【資格認定】UCDA認定1級講座について

UCDA認定は、「わかりやすく伝えるスキル」を学ぶ人材育成制度です。

UCDA認定1級のカリキュラムでは、実践的な内容でエキスパートを目指します。
本格的な演習を含んだ2日間の構成で、UCDを業務に活かせるようじっくりと学びます。

認定1級講座 カリキュラム

プロデューサーコース

1日目:「分析する技術」

講義
番号
講義名 概要 時間
(分)
ガイダンス   15
DDM
ドキュメントデザインマネジメント
■ DCエンジニアリングの考え方
■ DDMの考え方と再現性・持続性への取り組み
■ 事例
50
DCD
ワークショップ型課題抽出会議
■ 組織の要求分析と手法 20
ブリーフィングシートの活用 ■ ブリーフィングシートの作成と活用法 40
<演習1>
昼食 60
CDR
ユーザーの要求分析
■ ユーザーの要求分析と手法 60
<演習2>
DC9ヒューリスティック評価 ■ ドキュメント改善のための評価手法 120
<演習3>
文章改善 ■ 文章改善の技術
■ 文章DC9評価
90
<演習4>
2日目の講義について   5

2日目:「改善する技術」

講義
番号
講義名 概要 時間
(分)
講義1日目の振り返り   30
ISP
情報設計・レイアウト改善  
■ 情報の整理
■ 全体構造、ページ構成の検討
■ レイアウト(情報の配置)の検討
90
<演習5>
昼食 60
AID
応用情報デザイン・デザイン改善
■ ユーザーの受容性に配慮したデザイン技術 120
<演習6>
色彩設計 ■ 様々な見えの特性に配慮した色彩設計 120
<演習7>
  まとめ・質疑応答
提出課題の説明
  30

取得可能な資格

カリキュラムを修了すると、以下の資格を取得できます。

  • UCDA認定1級プロデューサー

受講対象

UCDA認定2級取得者が対象です。

1者の方 生活者やユーザーに重要な情報を発信している企業で、主に企画やデザインに携わる方
2者の方 「UCDAの窓口」参加企業の方

※「UCDAの窓口」参加企業については、UCDA事務局・担当 武田までお問い合わせください。
                   お問い合わせ先(UCDA事務局):03-5524-0280

申し込み方法・最少催行人数

UCDA認定1級講座の実施日程を確認の上、お申し込みください。
4名以上で開催します。

  • 1級講座の日程

費用

項目 受講時間 受講料(税別)
講座受講料、教材料、課題審査料、登録料 10:00〜18:00(両日とも) 200,000円 
更新料(2年ごと) 10,000円 

キャンセルポリシー

開催の1週間前~2日前のキャンセル:受講料の50%
前日および当日のキャンセル:受講料の100%

会場

  • UCDA事務局 5F会議室、または申し込み企業の会議室

  UCDA事務局 5F会議室
  (東京都 中央区銀座1-16-1 東貨ビル5F TEL 03-5524-0280)
  icon-map-marker Google マップはこちら icon-link

最寄り駅

  • 東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」10番出口より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線「宝町駅」A3、A4出口より徒歩4分
  • 東京メトロ 銀座線「京橋駅」1出口より徒歩5分
  • 東京メトロ 銀座線「銀座駅」A13出口より徒歩8分
  • 東京駅 八重洲中央口より徒歩15分
  • 有楽町駅 京橋口より徒歩15分
  • Hatena
  • Google+
ページトップ