「第三者」による客観的な評価

役員・沿革 | UCDAとは

役員

沿革

2007年 任意団体として活動を始める。
生命・財産に関わる重要な情報に「わかりやすさ」が必要だと考え、視覚情報伝達の領域に人間中心設計の考え方を導入。
「わかりやすさ」を「わかりにくさの要因を取り除いた状態」と定義する。
2009年 一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会を設立。
情報の「わかりやすさ」を評価するDC9ヒューリスティック評価法を開発。
印刷物や画面上の情報量を計測する初のアプリケーション「ドット・レシオ・カウンター」を開発。
「生命保険会社総合通知ユーザビリティ評価」を発表。(のちのUCDAアワード)
2010年 「わかりやすさ」の認証制度 UCDA認証開始。
UCDAアワード2010開催。(以降毎年開催)
アワードの評価結果から「読みやすく、わかりやすい」文字が必要と考え、帳票フォントとして「みんなの文字」の開発開始。
2011年 日本年金機構のモニター会議に参加、1者・2者・3者による改善がはじまる。
2012年 「みんなの文字」ゴシック体を認証、発売を開始。
ねんきん定期便の改善に参加、「みんなの文字」が採用される。
2013年 「DC9ヒューリスティック評価法」特許取得。
UCDA資格認定制度開始。
金融庁金融審議会「わかりやすい募集文書のありかたについて」タスクフォースに参加、一般社団法人損害保険協会と「重要事項のご説明」を改善。
2015年 文字の評価ソフト「IPO評価法」特許取得。
2017年 第一回UCDAエグゼクティブ金融セミナーを開催。講師:金融庁ご担当者様
消費者庁で職員向けセミナーを開催。
経済産業省で職員向けセミナーを開催。
資格認定取得者が延べ1,000名を超える。
UCDA認証取得件数が1,000件を超える。
2018年 消費者関連専門家会議(ACAP)の東京例会で講演。
国民生活センターの研修セミナーでUCDAのプログラムが始まる。(以降毎年開催)
第一回UCDA食品表示特別セミナーを開催。講師:消費者庁ご担当者様
2019年 第二回UCDAエグゼクティブ金融セミナーを開催。講師:金融庁ご担当者様
第二回UCDA食品表示特別セミナーを開催。講師:消費者庁ご担当者様
食物アレルギーピクトグラム「みんなのピクト」を認証、販売を開始。
「みんなの文字 グローバル」を開発、販売を開始。
10年目のUCDAアワード2019を神田明神ホールで開催。
2020年 消費者庁「地方消費者行政に関する先進的モデル事業」の公募でUCDA の「わかりやすい食品表示」プロジェクトが採用される。
総務省で職員向けセミナーを開催。
資格認定取得者が延べ2,000名を超える。
  • Hatena
  • Google+
ページトップ