「第三者」による客観的な評価

DC9ヒューリスティック評価

DC9ヒューリスティック評価とは

なんとなく読みにくい、わかりにくいと思っていた帳票。
その問題点を発見して9つに分類し、可視化して改善に結びつける評価手法です。

概要

  • ユーザーが情報を利用する上で、阻害要因となる問題点を発見して、改善するための評価方法です。

評価方法

  • 3~5名の評価員が経験則に基づき、評価対象物の問題点を発見、UCDAが独自に開発した「わかりやすさの9原則」を共通の評価指標として9つの評価項目に分類、問題の深さを4段階で評価します。
  • 評価会での個別評価を統合会議で定量的に集約して、可視化します。

効果

  • 評価対象となるデザイン物の試作段階で評価することにより、改善が容易に行えます。
  • 9つの評価項目に基づき、問題点を集約するため、具体的な改善策が導き出せます。
  • 専門家の経験則により評価するため、短期間で評価できます。
  • 問題の傾向と重篤度を定量的に可視化できるため、組織内での合意形成が容易になります。

対象

  • 帳票/パンフレット/冊子/マニュアル/Webや電子的表示画面(管面)/パッケージなど

お問い合わせはこちら

  • Hatena
  • Google+
ページトップ