「第三者」による客観的な評価
  • HOME »
  • 未曾有の事態におけるUCDAの取り組み

未曾有の事態におけるUCDAの取り組み

第2回目の緊急事態宣言について

2021年1月7日、第2回目の緊急事態宣言が発令されました。
UCDAの対応について、下記の通りご案内いたします。

資格認定講座とU活カレッジの対応

2級講座・2級ガイダンス・2級更新ガイダンス・1級講座・U活カレッジ・UCD研究所の各研究部会は
感染予防対策を徹底し、原則として予定通り実施します。
しかし、受講者様の判断において参加が難しい場合、受講延期のご相談も承ります。

UCDAの感染予防対策について

皆様の健康と安全に十分配慮し、下記の通り徹底いたします。

1. 受講定員を減らしてソーシャルディスタンスを確保
2. 室内換気
3. 体温チェック
4. 衛生用品の設置
5. マスクの着用
6. アルコール消毒
 
感染予防対策について、詳細はこちらもご覧ください。
本件に関するお問い合わせ、ご質問はUCDA事務局までお願いします。

「情報品質」の重要さを発信し続ける

2020年、新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックが世界的に広がりました。
今まで当たり前のように享受していたサービスが受けられなくなる、企業活動がほぼ停止状態になるなど生活者に与える影響は計り知れません。
UCDAは、逼迫しつつある経済の中、企業・行政は今こそ生活者に必要な情報を正しく・わかりやすく伝えることが重要と考えました。

そこで今の状況下、第三者機関としてできることを検討し段階的にメッセージを発信してきました。
今後の社会がどうなるのかは誰にもわかりませんが、UCDAが「情報品質」に向き合う企業・行政を支援する姿勢は変わりません。

一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会

コロナ禍に関する声明

お問い合わせ先

UCDA事務局
TEL:03-5524-0280 FAX:03-3535-2290
E-mail:jimukyoku@ucda.jp

  • Hatena
  • Google+
ページトップ