「第三者」による客観的な評価

加齢配慮プログラム

加齢とともに認知能力や身体的機能は影響を受け、「わかりやすさ」の基準は変化します。
本プログラムはデザインや人間工学、認知心理学といったコミュニケーションの専門家が科学的に評価し、効果的な改善に結びつけるソリューションです。

「加齢配慮プログラム」案内パンフレット

高齢者のコミュニケーションを改善します

  • 申込みや請求で使用する各種書類
  • DM・ハガキ・封筒
  • 保険や金融のパンフレットや説明資料
  • 食品や医薬品パッケージ  など
  • 手続き等の解説動画やWEBページ

高齢者の評価

65歳以上の評価員が「わかりにくさの原因」を9項目・3段階に定量化
基本費用 A4判4ページ(1単位)
900,000円(税別)
評価日数 申請からレポート提出まで
6週間〜

オプション1

大学や研究機関と連携した課題解決

テーマや課題に沿った専門家と共同研究に取り組みます。
所要期間や費用の詳細はお問い合わせください。

中本和宏
千葉工業大学 先進工学部 准教授
高齢者の行動観察
エスノグラフィなどの評価手法で特有の問題を把握
河原純一郎
北海道大学 大学院文学研究院 教授
認知心理学
認知心理学の視点で高齢者の「わかりやすさ」を評価

オプション2

専門家セミナーの開催

加齢配慮DC9の評価報告会で「専門家セミナー」を同時開催します。
基本費用(2時間):300,000円(税別・出張開催は交通費別)

実績
・加齢配慮評価事例とみんなのカレンダー開発への応用( 矢口博之氏・東京電機大学理工学部)
・高齢者を中心とした消費者トラブルの事例紹介(伊藤建一氏・一般社団法人日本消費者協会)
・認知心理学からみた気づく・気づかない表示の要因(河原純一郎氏・北海道大学大学院文学研究院)

改善効果を確認するソリューション

高齢者のパフォーマンスで改善効果を測定
  • 改善前後のデザインで評価テストを実施します
  • 所要期間や費用の詳細はお問い合わせください

お問い合わせ・申込み

* 印は必須項目です

業種
企業・団体名 *
部署名1 部署名2
役職名
* *
セイ * メイ *
TEL *
E-Mail *
お問い合わせ内容 *
入力頂いた個人情報は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会の下で適切に保管し、お客様の同意無しに第三者(業務委託を除く)に提供することはありません。詳しくは個人情報保護方針 icon-external-link をご確認のうえ了承ください。

フォームがご利用いただけない場合は下記メールアドレスまでお送りください。
UCDA事務局
E-mail:jimukyoku@ucda.jp

  • Hatena
  • Google+
ページトップ