「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

滋賀銀行

39:株式会社 滋賀銀行

「7つのキーワード」で、お客さま視点の帳票改善を実現

プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜 「フェスティナレンテ」とは、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの座右の銘で「悠々として急げ」を意味します。 このコーナーでは、日々情報コミュニケーションの課題に悠々と取り組みつつ …

滋賀銀行
  • facebook
ページトップ