「第三者」による客観的な評価
UCDAアワード

UCDAアワード2015

開催趣旨

「UCDAアワード」は、企業・団体が生活者に発信するさまざまな情報媒体を、産業・学術・生活者の知見により開発した尺度を使用して「第三者」が客観的に評価し、優れたコミュニケーションデザインを表彰するものです。

「情報品質」という大きな責任

企業・自治体の社会的責任においては、第一のCSR(善行的CSR)と同時に、事業活動を通じて社会の課題を解決するという第二のCSR(Creating Shared Value:CSV)が求められています。

CSVは、

  1. 社会課題を解決するプロダクトの開発・販売
  2. バリューチェーンの競争力強化と社会貢献の統合
  3. 操業地域での事業基盤強化と地域貢献の統合

と言われています。

残念ながら、情報コミュニケーションの伝達効率が低いことで生じる社会課題の解決については触れられていません。UCDAは、情報コミュニケーションの課題を解決することこそ、企業・自治体が果たすべき重要な社会的責任だと考えてきました。

UCDAは、UCDAアワード、認証制度、認定制度を通じて、企業や自治体が生活者に届ける重要な情報を「見やすく、わかりやすく、伝わりやすく」改善する活動を推進してきました。企業・自治体は社会的責任として、その情報が「正しく、間違えていないこと」を、生活者に約束しなくてはいけません。その情報が「わかりやすく」デザインされているかどうかをUCDAが評価して認証します。

重要な情報を「わかりやすく」改善する活動も広がってきました。しかしまだ、わかりにくいコミュニケーションのデザインも数多くあります。UCDAは、第三者の客観的評価により、情報コミュニケーションにおける社会課題の解決を推進するために、「UCDAアワード2015」を開催します。

【アワード2015】実施概要 (PDFファイル1.1MB)

UCDAアワードの趣旨
UCDAアワード2017
UCDAアワード2016
UCDAアワード2015
UCDAアワード2014
UCDAアワード2013
UCDAアワード2012
UCDAアワード2011
UCDAアワード2010
  • facebook
ページトップ