「第三者」による客観的な評価
プロジェクトUCD 〜フェスティナレンテ〜

ユニバーサルコミュニケーションデザイン(UCD)を導入し、生活者へ発信する情報の「わかりやすさ」を推進する企業・団体にお話をうかがうインタビュー企画です。

高齢社会において、重要な情報を「わかりやすく」伝えることが強く求められています。企業・団体がかかえているコミュニケーションの課題や、UCDによる改善効果、今後の展望についてお話しいただきます。

06:AIU保険会社

「目指すのは、すべてのコミュニケーションのわかりやすさ。」 コミュニケーションのわかりやすさ AIU保険会社 パーソナルライン企画推進部 R&D課長 河合良成氏 マーケティング部 マネージャー 和泉潤氏 業務品質 …

04:第一生命保険株式会社

お客さまの声、社内各部署からの意見を総合的に反映しながら、次へとつなげています 第一生命保険株式会社 生涯設計開発部長 谷口 正吾氏 聞き手:一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会 理事長 福田 泰 …

03:太陽生命保険株式会社

お客様にとって理解しやすい「総合通知」の作成を目指し続けています 太陽生命保険株式会社 執行役員 お客様サービス本部長 細川 敏男 氏 聞き手:一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会 理事長 福田 …

02:アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

「総合通知」は、お客様の声を聞き、提案をする大事な双方向ツールです アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社) カスタマーリレーションサポート部長 木伏 和生 氏 聞き手:一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーショ …

01:大同生命保険株式会社

お客さまの立場で、「伝わりやすい」帳票づくりの実現を目指します 大同生命保険株式会社 執行役員/契約サービス部長 宮本 弘文 氏 聞き手:一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会 理事長 福田 泰弘 …

« 1 3 4 5
  • facebook
ページトップ